海と御猫様とヒトフタリ。

海が大好きな夫婦と御猫様。ダイビングのことや、日々のことなど。。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

6月16日 越前2本目 

 

〈2本目〉
2013.6.16 dive No.151 オーバーハング~V字水路
晴れ 気温 26℃ 水温 21℃ 透視度 4m 波穏やか dive time:66分


1本目でダンゴウオを諦め
2本目はウミウシにターゲット変更します。…いつもの流れとも言いますが。。






ウミウシと言えばオーバーハング。
さりげなくダンゴちゃん捜索をしながらのウミウシ探し。




あ、あなたは…
f6月16日2本目マドレラフェルギノーサ1
マドレラ・フェルギノーサ。
この子の登場もちーこ的には夏の訪れ。






f6月16日2本目マドレラフェルギノーサ2
まーこが地べたを見つめている時に見つけた別の子。
べっぴんさんです。






f6月16日2本目ツノワミノウミウシ
ツノワミノウミウシ(初見)
ふんわりパーマの様なミノが可愛い。






黙々と地べたを眺めた後は
黙々と壁を見に行く為に、V字水路に移動です。






f6月16日2本目フジエラミノウミウシ
フジエラミノウミウシ。





ダンゴウオを探していた時は
探すサイズが固定されており、ゴマごま米粒~を探せば良かったのですが
ウミウシにシフトすると、サイズがバラバラで小さいウミウシが見つけにくい。。。

フォーカスがなかなか決まらないカメラのようです。
高性能の、ビックリするくらいのお値段の一眼並みに
ピッピッっ!!と見つけられれば良いのに。。。
スポンサーサイト

category: ダイビング~越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 2

△top

6月16日 越前1本目 

 

やっとログが追いついてきたと思いきや
私の心を惑わすモノの登場により、先週は更新が滞ってしまいました。。反省。

 

6月16日のログに参りましょう。

この日は日差しも強く、ドライスーツがサウナスーツに早変わり。
早く、早くとエントリー。。



〈1本目〉懲りずにダンゴウオ・・・から~の、ミズタマなアイツ。
2013.6.16 dive No.150 漁礁沖テーブル岩~二枚岩
晴れ 気温 26℃ 水温 20℃ 透視度 4m 波穏やか dive time:59分


この日も懲りずにダンゴウオを探しに、漁礁沖のテーブル岩に向かいます。
いつになったら『ダンゴウオ』と言うのを諦めることができるのか。。


先週は迷ったけど、今週は透明度が悪くても大丈夫。
だってガイドロープが設置されたもの(^^♪


エントリー前、スタッフから
テーブル岩でのタツノオトシゴの目撃情報をゲットし心うきうきで向かいます。




到着すると…なななーんと
網…漁師さん、ピンポイントすぎです。。泣




網の邪魔にならないよう、
そして網に引っかからないよう、十分注意し捜索するもお留守。。。




それでも探すも、、、やっぱりお留守。。




でも、今日はこれで落ち込んでは居られません。




ミズタマウミウシを探しに行こう!!





さささ、目撃情報のあった2枚岩に移動です。









f6月16日1本目ミズタマウミウシ
ミズタマウミウシ(初見)
フリフリとお尻を振りながら素早く移動するこの子。
バシバシと写真を撮り、まーこにお譲りしようとするも
動く動く~。
ああ、可愛い♪











季節の移ろい。
f6月16日1本目アオウミウシ
アオウミウシのおチビちゃん。
今はおチビサイズが多いけれど、夏に向けてどんどん大きくなるのだろうな~♪




2本目へ続く…

category: ダイビング~越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 2

△top

6月8日 越前2本目 

 

〈2本目〉続・ダンゴウオに会いに行こう!
2013.6.8 dive No.149 V字沖の壁~オーバーハング
晴れ 気温 -℃ 水温 20℃ 透視度 4m 波穏やか dive time:60分



さて、1本目は迷いに迷ったので2本目は慣れた場所を攻めましょう。
そう、やっぱりダンゴちゃんの捜索です。


1本目のテーブル岩の水深より
V字沖の壁の水深は浅いので、水温の上がりも早いです。
ほとんど諦めながらも、どうしても期待せずにはいられません。







早速到着し、くまなく探すも… お留守。。
分かっていてもショックはショック。





しかし、手ぶらでは帰れません。




気を取り直して、オーバーハングでウミウシ探しと致しましょう。
最近お気に入りの、岩の隙間を丹念に捜索します。

f6月8日2本目ヒイラギウミウシ
ヒイラギウミウシ。
藻にひょ~~~っと付いていました。
お食事中だったかな?





f6月8日2本目ミノウミウシ亜目の仲間2
ミノウミウシ亜目の仲間。
やたら今年目についたこの子。もうすぐでお別れかしら…





f6月8日2本目ミノウミウシ亜目の仲間?
ミノウミウシ亜目の仲間???
まーこがどや顔で教えてくれました。ベルルコサではないのか?やっぱり。。。





f6月8日2本目ネコジタウミウシ
ネコジタウミウシ。
まーこが教えてくれたミノウミウシ亜目の仲間さんの下に
ひっそりと居ました。。。






f6月8日2本目コネコウミウシ
コネコウミウシ(初見)
バシバシとネコジタさんを撮っていたら
いつの間にか後ろに居ました。
またまたまーこさんのお手柄です。




飽きることのないオーバーハング。


まだまだ居座りたいのですが、諸事情によりタイムアウト。。。






この週から、小さな小さなアオウミウシさんや
既に大きいシロウミウシさんが目立つようになってきました。





いよいよ本格的に越前の夏に向けてのスタートです。

category: ダイビング~越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

△top

6月8日 越前1本目 

 

当地では連日真夏日が続いております。
雨も全く降らず、雑草すら枯れています。。

それでも川は滔々と流れ
田も青々としていられるのは
雄とそびえる3000m級の山々からの恵みでしょうか。



ちーこはと言いますと、連日の暑さにやられ
家に帰ると「ばたんきゅー」の毎日でした。。。



さてさて、先週末6月8日のLOGへと参りましょう。

〈1本目〉ダンゴウオに会いに行こう!
2013.6.8 dive No.148 漁礁沖テーブル岩
晴れ 気温 -℃ 水温 18℃ 透視度 4m 波穏やか dive time:57分


2週間ぶりのダイビング。
まず気になることと言えばダンゴちゃん。

昨年は6月23日、水温20度を最後にダンゴウオとのお別れでした。
いつお別れが来ても良いように、精いっぱいダンゴを探すこととしましょう。




エントリーすると、、、濁ってる。

この日は透視度だけでなく透明度も悪い。
横も上も下も見えにくい。。



今までならば、遠出は避けるところ
情熱が先行し一路テーブル岩へ。





テーブル岩に向かうも
テーブル岩どころか、目印となる漁礁も見当たりません。。



もやっとした眺めのなか
もやっとした漁礁の影がうっすら見えます。



いつもならここで安心なのですが、今日は違います。






漁礁からテーブル岩。。

透視度が良い時であれば、難なくたどり着けるところを
今日は迷います。。。


迷って迷って、何だか元に戻って。。。
また迷って。。。


やっとの思いでテーブル岩に到着しました。



ほっとし、先行していたダンゴ仲間に
『いる?』
と聞くと、大きく首を横に振られました。。。



がっくりして、視線を落とした先に…


いるやん!!!
6月8日1本目ダンゴウオ1のコピー
会いたかったよ~♪






f6月8日1本目ダンゴウオ2
逆を向いて~






f6月8日1本目ダンゴウオ3
お口を開けて~~






f6月8日1本目ダンゴウオ4
正面頂き、ウインク!!!






f6月8日ダンゴウオ5
お腹の吸盤も見えるね~~



いないと言われた後に発見した時の興奮。。
何だかドキドキしながら一生懸命シャッターを切ります。



今日が最後かもと、思いっきり顔を近づけて肉眼でもごあいさつ。





満足し、次のポイントへと向かったハズが
再び迷います。。。



迷ったあたりが水深20m付近。
周りは目的物の無いゴロタ。。。

深度を上げようにも、上げてしまうと上下何も見えなくなってしまいます。


しかもこの日はいつもはいない、
レジャーの釣り人のボートが割と近くを通っており
迂闊に深度を上げることができません。


中途半端な深度のまま、彷徨い続けると心配していたアレがまーこさんに。。。



そう、ダイビング歴初めてのDECO…



すかさずダイコンの指示通り深度を上げ
そして、ようやく浅場に辿り着きましたが
今度はエキジットポイントを見失います。
プチパニックですね。



あり得ない程泳ぎ、残圧も少なくなって来た頃ようやく見慣れた風景を見つけ
無事エキジット。。。




前々より、旅先の慣れない場所でDECOを出すより
コンディションの良い慣れた越前で
一度ちょっとだけDECOを出して、手順を確認しておいた方が良いのではないか?
DECOギリギリでエキジットするより
ちょっとだけDECOで、指示通り段階を経て減圧をしていった方が
身体には優しいのではないか
と、二人で議論していた所
こんな早くに練習することになるとは。。。トホホ


勿論、普段は絶対DECOギリギリも嫌なのでそんな無茶はしません。。
いやぁ、焦った。。



しかし、もっと焦ったのはダイコンによる差。



ちーことまーこは異なるメーカーのダイコンを使用しているのですが
まーこはDECOで、ちーこは減圧不要まで割と余裕がありました。

常々甘いダイコンだとは感じていましたが
使用しているアルゴリズムが違うとはいえ、あまりの差です。


それってどうなの???



通常二人で潜るので、厳しい方のまーこのダイコンに合わせて計画を立てていますが
甘甘二人だと…

改めて、ダイコンばかりに頼らないようにしなければと感じました。。
そして、情熱に呑まれないようにしなければ。。。
ナチュラルナビだけでなく、きちんとコンパスも活用しよう。。。
…反省。。



ダンゴちゃんに会えて満足だったけれど
色んな意味でくたくたになった1本目でした。。



2本目へと続く。。。

category: ダイビング~越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 2

△top

5月26日 越前2本目 

 

〈2本目〉ミズタマウミウシを探しに行こう。
2013.5.26 dive No.147 二枚岩~V字沖の壁
晴れ 気温 -℃ 水温 18℃ 透視度 12~15m 波穏やか dive time:55分



1本目で、お目当ての天使のダンゴウオを発見できたので
2本目は浅場攻め。



数日前に二枚岩で目撃情報があったミズタマウミウシを捜索します。
ミズタマさんは越前ではレアです。





一生懸命ミズタマウミウシを探しますが、見つかりません。。。







代わりにと言っては何ですが…
f5月26日2本目ネコジタウミウシ
ネコジタウミウシ。






f5月26日2本目サガミミノウミウシ
サガミミノウミウシ。
この子が現れると、越前の夏もスタートです。







f5月26日2本目アカボシウミウシ
アカボシウミウシ。





ウミウシさんと遊んだ後は
V字沖の壁のダンゴウオさんに会いに行きます。







f5月26日2本目ダンゴウオ1本目
どーもこんにちわ♪






f5月26日2本目ダンゴウオ2
目線頂きます~♪♪






f5月26日2本目ダンゴウオ3
可愛いのでもう一枚♪♪♪
しつこい??
可愛い~♪






f5月26日2本目ツルモ2
浅場は光が差し込んでキラキラしています。
この春らしいツルモとも、もう少しでお別れでしょうか。




季節の移ろいを感じられる2日間となりました、

category: ダイビング~越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 2

△top

5月26日 越前1本目 

 

今日は家の前で今年初ホタルを観測しました!
夏間近。。梅雨はいずこへ。。。


さてさて、5月26日のLOGです。



現在まーこさんは、県外出張中。
週末割と遅くに帰ってきて、月曜日には早朝も早朝に出張先へと出発という日々が始まっています。


という事で、ダイビングは基本土曜日お休みの日。



25日も潜ったので、26日はゆっくりお家でお休みする予定でいました。。





が、

ががが、、、



前日、天使の輪のダンゴウオを発見できず不完全燃焼の上
私たちが潜れなかった3本目にダンゴ仲間が深場で目撃したという情報が入り
んもう、戦闘モード全開です!!!←ちーこが。。。





まーこと26日にダイビングに行く代わりに
ちーこはあれもこれもこぉ~んなことまでやっちゃうよと交渉し
晴れて越前への道が開けたのでした。。。




〈1本目〉天使のダンゴウオを求めて。。。
2013.5.26 dive No.146 漁礁沖テーブル岩
晴れ 気温 -℃ 水温 18℃ 透視度 12m 波穏やか dive time:52分


ダンゴ仲間からの情報から
天使ダンゴは漁礁の沖約水深22メートルのテーブルの様な岩の海藻にいることが判明。


少々深場に滞在することになるであろうということで
張り切って1本目から参りましょう!!







エントリーすると昨日よりもキレイ♪
f5月26日






気持ちよくずんずんお目当てのテーブル岩に向かいます。




いたぁぁぁ♪♪
f5月26日1本目ダンゴウオ1






もう1匹、、いたぁぁぁぁぁ♪♪♪
f5月26日1本目ダンゴウオ2

ああ、至福。
やっぱり可愛い♪♪♪




案の定、テーブル岩にへばりつき
ダンゴちゃんはまだいないか、しっかり写真を撮らなくちゃ!!と粘っていると。。




ダイコンがお別れ時間が近付いている事を知らせてきます。。泣
…まさかの越前ビーチ1本目でのDECO寸前。。


泣く泣く天使ダンゴとお別れをし浅場に戻ります。







浅場では長く伸びたツルモの間に
メバルの稚魚たちがのんびり身を寄せ合っています。
f5月26日1本目ツルモ1







気温の上昇と共に沢山生えていたワカメが消え始め
景色も変り始めています。
f5月26日1本目ツルモ2






浅場でのんびりして、エキジット。。




天使ダンゴとのお別れが出来て大満足な1本となりました。



…2本目に続く。。。

category: ダイビング~越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 2

△top

5月25日 越前2本目 

 

〈2本目〉三ツ岩のまわりを重点的に
2013.5.25 dive No.145 三ツ岩~三ツ岩裏
晴れ 気温 30℃ 水温 19℃ 透視度 7m 波穏やか dive time:69分



この日は夕方に帰らなければいけない用事があり
ダイブタイムは60分以内と決めていました。

1本目に目的のダンゴをGETしたので
2本目は近場ウミウシ攻めです。







探し始めて間もなく
f5月25日2本目フタスジミノウミウシ
フタスジミノウミウシ(初見)
お会いしたかったウミウシさんで嬉しい~♪






フタスジさんに夢中になっていると
まーこさんと一緒にやって来ました。
f5月25日2本目マツカサウミウシ
マツカサウミウシ。






f5月25日2本目サガミコネコウミウシ
サガミコネコウミウシ(初見)
レースの様なお尻で可愛い!!






三ツ岩の壁にへばり付いていたら見つけた極小のこの子。
f5月25日2本目あたなだあれ
一体だあれ??
大きくなったら何になるのかな??






この後、普段はあまり行かない
三ツ岩の裏をブラブラして終了~。

category: ダイビング~越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 6

△top

5月25日 越前1本目 

 

気温もぐんぐん上がり
水温もぐんぐん上がってきています。



寂しいかな、ダンゴウオとのお別れの時期も
刻一刻と迫ってきています。。


〈1本目〉やっぱりダンゴウオを探しに行こうよ。。
2013.5.25 dive No.144 トンボ渡り~オーバーハング~V字沖の壁
晴れ 気温 30℃ 水温 18℃ 透視度 7m 波穏やか dive time:65分




先週もお会いできなかったのに
懲りもせず、トンボ渡りからエントリー。



天使ちゃんは居なくとも
大きくなって壁に張り付いていてくれているのでは
と、淡い期待を抱いての選択です。






いつもの通り、いつものトンボ廻りを捜索するも
やっぱりお留守…






一体全体、あんなに居た子たちは何処へ行ってしまったのでしょうか。。。






先週と同じように
またまた上の空でオーバーハングへ移動します。







上の空なのに、何故かゴロタの岩の隙間で発見。
f5月25日1本目ネコジタウミウシ
ネコジタウミウシ。
よっこらしょっ。







ウミウシの宝庫に後ろ髪を引かれつつも
早々ダンゴ探しに向かいます。







向かった先は先週天使ちゃんを目撃したニュー鉄板ポイント。
V字沖の壁。






まーこが広い方の壁を探しているので
ちーこは別の壁を探すことにしましょう。


ダンゴダンゴと壁に張り付いていると…






あ、、
f5月25日1本目コケギンポ
コケギンポ。
気付かなくって御免。
とっても赤が綺麗な子。





コケギンポさんとたんまり遊び
『もうそろそろ、見つけてくれたかな~』
と他力本願的にまーこの様子を見に行きます。







おっ!!
f5月25日1本目ダンゴウオ1
ダンゴウオ(黄色)






おおっ!!!
f5月25日1本目ダンゴウオ2
ダンゴウオ(赤色)
御二方とも、上手に海藻の色に染まっていますね♪

特に赤いコは、ココ!!と指を差されてもんんっ??っとなる隠れっぷりです。



2本目へ続く。。

category: ダイビング~越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

△top

5月18日 越前2本目 

 

ここ2週間ほどスタッフと常連チームの話題は
「マトウダイ」




『マトウダイを見た。』

『いや、カワハギやねん。。』


なーんて、漫才のようなやり取りが繰り広げられるようになりました。




普段この時期は ダンゴ&ウミウシ
そして春濁りで遠出をしない私たちですが
やはり旬な話題にはついて行かなければなりません。


〈2本目〉そうだ、マトウダイを探しに行こう
2013.5.18 dive No.143 御恵比寿岩~漁礁~三ツ岩
晴れ 気温 29℃ 水温 17℃ 透視度 5~7m 波穏やか dive time:60分




マトウダイの目撃ポイントは「漁礁」。
漁礁はいつもよりも少し沖目。
水深は17~20mのちょっぴり深目のポイントです。




漁礁に向かう気満々のちーこと
その先にある御恵比寿岩にずんずん進むまーこ。


(マツカサウオに会いたくなったのか)
(はたまた漁礁の位置を間違えたのか…)




そしてなぜか御恵比寿岩に到着。



御恵比寿のアイドル、マツカサウオを確認するも
ちーこの頭の中は???だらけ。。。

f5月18日2本目マツカサウオ
マツカサウオ。
頭の中がハテナだらけだったので、気合の無い一枚に。。。





?のなか、OKサインを出すと
まだ御恵比寿の先に行こうとするまーこ。。
※御恵比寿から漁礁は、逆方向。。戻る方向ですね。



ちょちょちょ!!!
その先は「出ちゃダメ」ライン!!!



慌ててまーこを止めます。

ちーこ『何処行くの?』


まーこ『漁礁。。』





地図で改めて漁礁の位置を確認して頂き
漁礁に戻ります。



遡ること2年前のオフシーズン
日本海の荒波にもまれて、2つあった漁礁の内
1つが大破移動。もう1つも大移動してしまった為
まーこさんは混乱してしまったようです。





さて、無事漁礁に到着するも
…なにも居ない。

マトウダイはおろか、カワハギすらおりません。。









やたら泳ぎましたが、
気を取り直して最後はのんびりウミウシ探し。
三ツ岩に行きましょう。

f5月18日2本目ネコジタウミウシ
ネコジタウミウシ(初見)






f5月18日2本目スギノハウミウシ
スギノハウミウシ。






f5月18日2本目アカボシウミウシ
そして最後に、ウミウシイーターのアカボシウミウシさん。




結局マトウダイもおらず
アクシデントもありましたが
おおよそ半年ぶりにマツカサウオ君に会えてよかった。

category: ダイビング~越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 2

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking