海と御猫様とヒトフタリ。

海が大好きな夫婦と御猫様。ダイビングのことや、日々のことなど。。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

12月29日 大瀬崎1本目 

 

12月28日夜
翌日朝に大瀬崎に到着できるように富山を出発。

高速を使い新潟方面から向かうのも良いのですが
掛かる時間と距離が同じなので
敢えて、安房峠を越え松本より静岡に向かいます。

心配した雪もさほどではなく
運転も交替しながらのんびりと。




途中、朝霧高原のあたりで
-13℃という気温にビックリしながら
夜空にうっすら浮かぶ富士山を眺め感動し

東名のサービスエリアで仮眠をとり
早朝の沼津港で気嵐を見ながら、氷川きよしを思い出す。。




そうこうしているうちに…
どーーーん♪
f12月29日富士山
お久しぶりです!富士山!!

立山連邦の御膝下、富山県民と致しましては
独立峰の富士山は何度見ても違和感たっぷり(笑)



えっちらおっちら峠道を超え
道中のコンビニの無さに、一抹の不安を覚えながら、ようやく到着!

この日からお世話になるのはサンライズ大瀬さん。
初めての場所なので、1日目はガイド・2日目はセルフで潜ります。



そんなこんなで、ログスタート♪
〈1本目〉お初です!大瀬崎
2013.12.29 dive No.198 大瀬崎 大川下
晴れ 気温 10℃ 水温 17℃ 透視度 15m 波さほど dive time:49分


1本目から、明日のセルフでは絶対に行かないであろう
『大川下』に向かう事になり、とってもワクワク。


ポイントまでてくてくてくてく。。
ガイドの内山さんから
『ゴロタのエントリーは大丈夫ですか?』と聞かれ

ち『たぶん・・・』と答えるちーこ。。
よくよく考えると、普段はジャイアント。
ゴロタの経験はサイパンのラウラウのみ。。。



案の定、ふらっふらになりながらも
内山さんの介護のおかげでなんとか無事エントリー(笑)


入ってみると、おおお!!キレイ!!!
想像より、すごくキレイ!!!



日本海では見られないお魚や
カラフルなお魚にすっかり夢中です。




コレコレ!!
こうゆうの、見たかったの♪♪
f12月29日1本目ゼブラガニ
ゼブラガニさん。





f12月29日1本目ゼブラガニ (2)
調子に乗ってもういっちょ。






お前さんはこちらでは騒がれないのかしら・・・
f12月29日1本目ミナミハコフグ
越前では完ぺきなアイドル、ミナミハコフグさん。
居なくなると捜索隊まで結成されるほどの人気者でした…。






普通種なのかもしれないけれど
我が家では普通でないので大興奮。
f12月29日1本目ヒメゴンベ
ヒメゴンベさん。






1本目にしてミッションクリア!!(笑)
f12月29日1本目イロカエルアンコウ
イロカエルアンコウさん♪



エキジットもふらっふらしながらでしたが
なんとか無事終了~♪



まず、まず、
ポイントまでこんなに歩く事が初体験でした。
最初は、ポイントまで器材を背負って歩くのかなぁ~と不安でしたが
こんなにも台車というものが活躍しているとは!!
おもしろいぞ!大瀬崎!!



2本目へ続く。。。
※魚の名前等間違っていましたら、ご指摘願います。
スポンサーサイト

category: ダイビング~大瀬崎

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 4

△top

掛川花鳥園に行ってきたよ!その3 

 

わくわくイベント会場で
フクロウさんを堪能し
『インコのスイレンプール』へ。




fコガネメキシコインコ2
コガネメキシコインコさんの熱烈なお出迎え。




fコガネメキシコインコ
またまた100円でインコさんたちのおやつが売っているので
たった100円でインコさんたちの人気者になれます。





fキムネチュウハシ
『ヘラサギの広場』にいらした、キムネチュウハシさん。





『オオハシとトキの広場』ではこの子!!
fオニオオハシ
オニオオハシさん!!
もう作り物みたいな完成度(笑)




fオニオオハシ2
結構ガシっと乗ってくれるので
ちゃんと腕カバーも用意してあります。
そして!!また100円でオニオオハシさんの人気者になれます(笑)




お外にある『エミュー牧場』
fエミュー牧場
結構大きいです。




fエミュー
また100円を払うと、お友達になってくれるかもしれません。。





まだまだたっぷり遊びたかったのですが
ちーこが富山に帰らなければいけないので是にて終了。



入り口周辺にいた、フクロウさんをまじまじと眺めて
出るその瞬間


???


?????



あなた、最初からいました!?
fアフリカオオコノハズクリリ
最初からいらっしゃったらしい
受付嬢?のアフリカオオコノハズクのりりさん。
全く動きません。。




後半は駆け足で進みましたが
ものすごーーーーーーーく、楽しかったです!!


楽しすぎて100円玉の消費が激しかったですが
入園料1050円で、こんなにも楽しくって良いのか!?という位に楽しかったです。

園内は至る所に鳥さんたちがいるのに
お掃除もきちんとしてあり、気持ちよく過ごすことができました♪


今度はカメラを持参して、リベンジしたいなぁ~。
おしまい。
楽しかったで!掛川花鳥園

category: おでかけ

thread: お出かけ日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

掛川花鳥園に行ってきたよ!その2 

 

フクロウを乗せてみて大満足した私たち。

ふと振り返ると、、
フクロウさんがいっぱい。。。



その中でも、とても個性的な子たちを紹介します。
名前、間違っていたらスミマセン。。
fアメリカオオコノハズク
アメリカオオコノハズクさん。
完全にひきこもりです。目も座っています。






fアフリカワシミミズク
アフリカワシミミズクさん。
模様が完璧『幹』ですよね。
そしてかなりの恥ずかしがり屋さんなのでしょうか。。






fメンフクロウ
メンフクロウさん。
ケンちゃん(女子)だったハズ。
旦那様が『フクロウを乗せてみよう』コーナーでお仕事中で
フクロウ『中』でちーこにも乗って頂いたロンドさん。
個人的に結構好きです。







fユーラシアワシミミズク1
ユーラシアワシミミズクさん。
もう、何て言えば良いのでしょうか。。
『森の賢者』なのに…ずんぐりむっくり風
たまらんです。





fユーラシアワシミミズク2
空を仰ぎ、物思いにふけっているかと思いきや~





fユーラシアワシミミズク3
あひ??
なんか残念なお顔。
眠いみたいですね。。たぶん。





fアフリカオオコノハズクポポ
そしてそしてアイドル!
アフリカオオクノハズクのポポちゃん♪
ちっさ!!

お留守のココちゃんはお仕事中。
フクロウ『小』で乗って頂いた子です。

ポポちゃん、『びっくりするとシュッと細くなるフクロウ』として
一時期TVなどでも紹介された子です。
皆するらしいのですが、シュッとなる時は
かなりのストレスらしいので、皆様わざとシュッとはさせないように~。



人も多くなく、とてもゆっくり見ることができて
またもや大大大満足~。





え??
まだまだ続くの…??
その3に続く。。。

category: おでかけ

thread: お出かけ日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

△top

掛川花鳥園に行ってきたよ!その1 

 

大瀬崎へのプロローグを書いていながら
なんでやねん。とお思いの方もいらっしゃるでしょうが
(編集作業が追い付いていません(-.-))

12月某日、行ってきましたよ!!
掛川花鳥園



まーこが出張の為
一年の1/3程、静岡県民になるようになって
かれこれ5、6年。



幾度となく機会はあった気もするのですが
ようやく行くことが出来ましたよ!!
掛川花鳥園
お目当てはフクロウさん!!




掛川インターをおりてすぐ。
基本は温室なので、全天候型の施設です~。

入場料1,050円を支払い
ふと横目に見ると、既にフクロウさんがいっぱい。


眺めたい気持ちをぐっと抑え
バードショー』に向かってまっしぐら!!



花鳥園というだけあって温室のお花が綺麗です。
が、ここも早足で駆け抜けます。
fインパチェンス




駆け抜けて駆け抜けて
屋外バードショー広場に着いたならば…

fワシミミズクカムイ
ワシミミズクのカムイさん。





fヘビクイワシ
ヘビクイワシのキックさん。





花鳥園に行くなんて思ってもみなかったので
(元はといえば、全く別の用事だった)
カメラなんて持ってやしません…


他に、ハリスホークさんもショーを見せてくれたのですが
俊敏すぎてスマホカメラで撮れず。。







到着後ものの15分程で猛禽類に心を奪われてしまいました。
はじめは乗り気でなかったまーこさんも、もうメロメロ。




次は、『フクロウを乗せてみよう』に向かいます。


fアフリカオオコノハズク
乗せて見ました♪
アフリカオオコノハズクさん。
かわいっ、可愛いではないか!!




1回、一羽100円♪
『大』『中』『小』のフクロウさんを乗せる事が出来るので
ちーこはフルコンプリートするべく
3回並びました。計300円(笑)

もう、係りのおねいさんたちもとっても丁寧で
写真もバシバシ撮ってくれます。
これでもか、というくらいに撮ってくれて大大大満足!




うはぁ~、ということで
続く。。。

category: おでかけ

thread: お出かけ日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

△top

大瀬崎への道のり 

 

先にも書きました通り
昨年よりの年末年始休暇は『大瀬崎』に行ってまいりました♪



4月から越前入りする我が家にとって
GW → 越前
お盆 → 越前
となるため、長期休暇で越前以外に行くのはほぼ年末年始のみ。。
さてはて、本年はどこへ行きましょうか。。。






2013年の年末年始は
地方都市(我が家)には未だアベノミクスの風を感じることが出来ない為
国内のんびり旅行にしようということに決定。


国内のんびりと言っても
こちとら裏日本富山。。。

どこへ行くにも時間がかかります。


候補地に上がったのは
①大瀬崎
 ダイバーの聖地伊豆に一度も足を踏み入れていない。
 セルフも出来て、マクロも楽しそう。
 移動時間約6時間
 只、最短ルートを通ると高所移動が絶対必須の為
 後泊できたほうが楽。

②串本
 以前訪れた時は春濁りが酷く、リベンジをしたい。
 移動時間8時間。

③柏島
 言わずと知れたマクロ天国。
 ただただ遠い。
 移動時間推定10時間。






普段、出張で5時間位の移動が常で
旅行も殆ど車移動の我が家としましても
一度串本まで出向いた際は、心が折れそうになりました(笑)




そして大昔のダイビング雑誌を引っ張り出し
色々思案した結果

『祝!富士山世界遺産。富士山を眺めながらダイビングをしよう』
ツアーと決定致しました。



そして、この旅
・カエルアンコウを可愛く撮ろう!
・ミジンベニハゼに会いに行こう!

・ウミウシさんも探してみよう!!も、目標に設定♪


やはり、普段セルフで潜っているので
セルフでじっくり潜れることも、大瀬崎に決定した大きな理由の一つです。
…おにゅーのストロボの練習もかねて、、、





と、いうことで
宿泊は、富士山の見える宿が良いと
サンライズあねっくすさんに♪

ダイビングサービスは
サンライズ大瀬マリンサービスさんに決定~♪
全く知らないところを潜るので
一日目はガイドで、二日目はセルフで、と…考えただけでワクワク♪





と、プロローグはここまでとして
…頑張ってログUPしまぁぁっす!!泣

category: ダイビング~大瀬崎

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 2

△top

カ、カ、カメラ~をどうすんべ 

 

南越前の海でご臨終となった
まーこの相棒オリンパス『XZ-1』。




あの時、エキジットの際にぶつけたせいで…等と
散々心配したのですが
検査の結果『ハウジング本体、異常なっし!!』
…ただのメンテナンス不足でやんす。。。泣


確かに、今思うと
まーこがメンテナンスをしているのを見たのは…サイゴハイツダッタロウカ。。

まあまあ、保険も何とか下りそうだし
あとはカメラをどうするかを考えましょう!













考えに考えて考え抜いた結果がコレ!!!
xz-1.jpg
御分かりになりますでしょうか…







XZ-1ブラックからXZ-1ホワイトにかわりましたぁぁ!!!(苦笑)





出張先のまーこと連日のように電話会議し
悩みに悩んで
・手持ちの一眼を海に沈めるか
・ミラーレス(オリンパスPEN)を購入
・最新のハイクラスコンデジを購入
いずれかのうち、ちーこ的にはPENになるのかなぁ~と思っていたら
なななんとXZ-1のホワイトが届きました(笑)



まままぁ、ハウジングは無事だしねぇ~。
一番手早くお安い決断です。


ここからはちーこの推察でしかないのですが
またXZ-1にした理由(一眼にしなかった理由…ミラーレス含む)は



①ワイドもマクロも
 越前ではすっかりマクロ派ダイバーですが
 旅先では割とワイド派な私たち。
 もちろんマクロな被写体がグッと減る、夏以降の越前では
 『ワイドも撮れる』ということが重要なポイントです。
 
 マクロといっても2mmのダンゴウオを狙うわけで
 一眼にした場合、ガッツリのマクロ仕様でないと厳しい。
 そうなると『ワイドも』は、厳しいですよね~。 

 また、うねる海の中、揺れる海藻の上の2mmのダンゴウオ。
 クローズアップレンズで寄れるだけ寄って
 がっちり固定し片手で撮る。
 これはコンデジでないと難しいような気がします。。。
 というより、今の我々の技術では到底写せる気がしないというか。。。


②小さいことは動きやすい
 ハイクラスコンデジで、内蔵フラッシュをフル活用すべく
 お手製拡散板で光を回す試行錯誤をしている私たち。
 
 一眼にすると、モノの大きさも大きくなるし
 外部ストロボも必要となってきます。


 ホームは整備された岩場よりのジャイアントエントリー。
 そして春先のゲストの少ない時期にはエキジット用のバーもまだ設置されていません。
 そんな時は岩場を這い上がるような形でエキジットをします。
 波が穏やかであれば良いのですが
 そうでない場合は、少々荒々しいエキジットとなります。

 そんな時、フックでBCにヒョイと掛けれる位の大きさであれば
 楽々エキジットすることが出来るのです。


 あとは、遠征時!!
 一眼はお荷物が増えるよなぁ…



③ここが大事、費用!
 言わなくてもわかると思います!
 試算してみて吐き気がしました(笑)



結論
欲しいカメラが無い。(確固たるスタイルも固まっていない。)
XZ-1を気に入っている。

あ、あと資金(に対する心の整理がつかなかった)ね(笑)

…てことかなぁ~。


年末のダイビング旅行がなくて、春まで思案する時間があれば
結果は変わっていた、、、とも思います。









んで、一緒に悩んでいるうちに

まーこも新しいカメラになるしぃ~と
CANON G16が欲しくなってしまった、ちーこさん。


まーこがPENにすると、疑いもしなかったので
『ちーこも外部ストロボ欲っしいなぁ~』と思ってしまった、ちーこさん。












あははははははぁ~♪
s100.jpg
ついに外部ストロボデビューです!!

カメラは変わっていません。
カメラが変わっても、ストロボは使えるよねーと言い訳しながら買いました。



結局、ちーこのほうが散財したようです。。
上手く撮れるかなぁ…

category: ダイビング用品

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 4

△top

11月23日 南越前2本目 

 

1本目が終わって
もう本日終了の雰囲気を醸し出すまーこさん。
回りきれなかったヒロウミウシパラダイス『天后』をもう一度見たいちーこさん。


なんとかまーこを説得し身体を暖めて2本目へ。

〈2本目〉天后ぐるっと、、後。。。
2013.11.23 dive No.197 南越前 天后
曇り時々晴れ 気温 -℃ 水温 19℃ 透視度 3~5m 波なしうねりあり dive time:43分



2本目もやはりうねりは消えず
浮遊物も舞って、透明度はどんどん悪くなっていきます。



ポイントに到着し
今度はゆっくりウミウシ観察~と壁に張り付きます。
f11月23日2本目ヒロウミウシ
ラブラブのヒロウミウシ。。。




もう、探しても探してもヒロウミウシしか目につかないので
ヒロウミウシをじっくり撮ろうと決意し
まーこに目をやると。。。







カメラと睨めっこ???





ち『ここにヒロウミウシたんまりいるぜ。』

と、サインを送ると
両掌を天に向け、おーまいがっ!?のポーズ。。




慌ててまーこに駆け寄り確認すると
ま『カメラ、水没。。。沈』











水中で揺られるワカメのように
心無くうねりに身を任せるまーこ。。。









ささっと流して、早々にエキジットの運びとなりました。泣
f11月23日2本目
波紋がきれいな砂地。






残念ながら、まーこの愛機XZ-1くんは南越前の海でご臨終と成りました。。。



実は先の越前町の2013ラストダイブ時にも
うっすら海水が染み出てくるというアクシデントがございました。
だから、なんとなーく予感はしていたのですが…。



水没の原因は
先日の荒波エキジットの際にぶつけたか
はたまた、只のメンテナンス不足か。。


そして
年末遠出ダイビングまでにカメラをどうするのか。。。
間に合うのか。。。



あわわわわわ。。。。

category: ダイビング~南越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 2

△top

11月23日 南越前1本目 

 

10月末の越前町ラストダイブから約1ヵ月。



我慢ならず、お隣の南越前町でのダイビングです!(笑)


いつもの越前町を通り越し30分程で到着する
『南越前ダイビングパーク』さんに行ってきました。
こちらは、11月末まで通常営業。
それ以降は予約営業となります。が、あくまで海況次第。。



昨年も全く同じ頃、我慢ならなくなってお邪魔したので2回目の利用です。




またもや波うねりの心配のある予報でしたが
アツい想いが通じたのか、うねりが残る程度の状況まで回復。


スタッフさんに、ウミウシが多いポイントを確認し
いよいよエントリ~



〈1本目〉なんでも良いよ、潜れれば♪
2013.11.23 dive No.196 南越前 青龍~天后
曇り時々晴れ 気温 -℃ 水温 18℃ 透視度 3~6m 波なしうねりあり dive time:58分



エントリーすると、うへ~という透明度。
うねりもうねうねで、とてもウミウシどころでは無い予感。


しかもこの透明度。
昨年訪れた時はもう少し見えていたので、なんとか回ってこれましたが
実質2回目の海…ダイジョブカ??





f11月23日1本目の
非常にまったりした海です。

個人的に、うねりや流れにたいそう弱いこのフィン。。。
完全にドライ用(ブーツに入ったから)ですが
中々進みません。。。泣




まず『青龍』によって、タツでも居ないかと探すもお留守。
海藻うねうね、ゆらゆらでウミウシさんたちもお隠れのよう。




ここでも、コロダイygとオヤビッチャにご挨拶をして
昨年も訪れた『天后』へ
f11月23日1本目ヒロウミウシ
ヒロウミウシ。
最近ヒロウミウシ率が高いですが、ヒロウミウシしか見ません(笑)

昨年もこの『天后』はヒロウミウシが多いな~という感想でしたが
今年はやたらいます。
ヒロウミウシだらけで、ヒロウミウシ好きのちーこでさえ
『あ、またか…』と思ってしまうほど。


うーん、表すならば
春のアカエラミノさんとか、サクラミノさんのように。
夏のシロウミウシさんや、アオウミウシさんのように。
とにかく、そこらじゅうに居ました。




行き帰り、必ず通るホンダワラの草原。
アジの群れがこの透明度を表すように、やる気無くだらーっと流れていました。
f11月23日1本目 (3)




f11月23日1本目 (2)





2本目へと続く。。。

category: ダイビング~南越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 2

△top

10月26日 越前2本目 

 

〈2本目〉2013年越前ラスト!
2013.10.26 dive No.195 トンボ渡り~V字沖~V字
曇り 気温 -℃ 水温 22℃ 透視度 6m 波ちゃぱちゃぱ dive time:52分



2本目も波を考慮し、トンボ渡りからエントリー。






まず出会ったのは



あ、正面。。
f10月26日越前2本目キハッソク
キハッソク。





V字沖の岩場をうろうろしていると
何やらまーこが岩場に挟まっています。。


なんだろう?
と、覗いてみると…
f10月26日越前2本目オトヒメエビ1
オトヒメエビ!
しかもちょっと大きいぞ!!









毎年1度は目撃情報の入るオトヒメエビ。
まじまじと越前で見るのは初めて♪
しかもネタも少ないので、もういっちょ
f10月26日越前2本目オトヒメエビ2
オトヒメエビ!!






この後、楽しい楽しい宴会をし
翌朝は岩に打ち付ける、波の音で目が覚めました。。



という事で、この日で2013年越前町のラストダイブとなりました。





2013年の越前は
4月のダンゴウオから始まり、このラストダイブまで
本当に楽しませてくれた海でした。

2011年から潜り始めて3シーズン。
毎シーズン、会えるウミウシ、お魚たちの顔ぶれが違います。

2014年はいったいどんな顔を見せてくれるのか
今からとっても楽しみですが
それは4月までオアズケです♪



ありがとう!!越前の海!!

f10月26日越前

category: ダイビング~越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

△top

10月26日越前1本目 

 

2013年10月の最終週。
いよいよ2013年度の越前町最後のダイビングとなります。

越前町の多くのダイビングサイトの営業は4月~10月末まで。
11月からの冬場は、荒波の日本海となり潜水可能日が激減。
そして、冬の味覚の王様『ズワイガニ』漁の解禁に伴い
ダイビングの越前町からカニの越前町へと衣替えをするのです。


ということで、名残惜しいこの最終週に
恒例の宴会を盛大に執り行い〆と致します。。←いや、毎週…してるかも。。


しかしこの日も生憎の冬型の気圧配置。
天気予報に一抹の不安を感じながら
向かう道中でのショックな出来事。。。
『カメラの電池忘れた。。』byちーこ…


半分以上、やる気を削がれ到着すると
やっぱり少々荒々しい波のお出迎え。

予報を見ても、一旦収まりつつも
翌日にはまた波高が上がりそうとあり
悶々と波と睨めっこ。



晴天なら勢いよく飛び込むところも曇り空で肌寒い。
いくらドライとはいえ、中々乗り気になれずにいるちーこをよそに(カメラの電池も忘れたしね!!泣)
チームリーダーまーこはやる気満々。





〈1本目〉ももも潜る??
2013.10.26 dive No.194 トンボ渡り~オーバーハング~V字沖
曇り 気温 -℃ 水温 22℃ 透視度 8m 波ちゃぱちゃぱ dive time:53分


散々悶々とした結果
波の影響の少ないトンボ渡りよりエントリー・エキジットすることと決定し
安全最優先でチェックダイブ。




入ってみると案の定のうねりで、またもやウミウシ不可。
透明度は、浮遊物はあるものの思ったよりはマシ。



そんな状況の中 思い返せば、例年の夏から秋の『越前ブルー』には
今年はお目にかかれなかったなぁ~としんみりしながらの…
f10月26日越前1本目ヒロウミウシ
オーバーハングのヒロウミウシ。







あなたを撮りたかったのよ…
f10月26日越前1本目キンギョハナダイ
キンギョハナダイ、チビ!!!
ああ、かわええねぇ~。







あんまり黄色く無いけど
f10月26日越前1本目キイロイボウミウシ
キイロイボウミウシ。





海がうねるとお魚は元気。
少し悪い透明度の中、写真では納められなかったけれど
ブリの30匹位の群れとも遭遇。




そこそこに戻ろうかとトンボ渡りへの帰り道。





え???
んんん???
f10月26日越前1本目オヤビッチャ2
オヤビッチャ、、、群れ??




今年は浅場で2匹ほどのうろちょろしていたのは見ていましたが
群れ????
f10月26日越前1本目オヤビッチャ1
越前でオヤビッチャの群れなんて、、、
気持ち悪い~。。。

10匹程の群れでした。




季節外遊魚のオヤビッチャとソラスズメ。
その上を泳ぐスズメダイにアタックするブリ。。。

…なんでやねん。。。
と、ツッコミを入れたくなるような面白い海でした。

category: ダイビング~越前

thread: ダイビング - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 2

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking